2006年9月アーカイブ

聞聲堂書店さんの一押し!

airuke.jpg
「愛の流刑地」渡辺淳一 全2巻 上下巻とも税込み¥1,680

去年、日経新聞に連載されていた渡辺淳一の小説「愛の流刑地」が
単行本になりました。
新聞に連載中は、賛否両論いろんな意味で話題になっていました。
ネット上でもパロディ版の「愛ルケ」ブログがすごい盛り上がりでしたし!
映画も、豊川悦司、寺島しのぶの主演で来年の1月公開予定。
またまた盛り上がりそうですね!


一押しと言いながら、もう一冊。
oota.jpg
「目で見る 太田・館林・邑楽の100年」
明治・大正・昭和の100年、一世紀の太田、館林、邑楽郡の記録を、
350枚の貴重な写真と解説で「見て」「読む」ことが出来ます。
1,500部限定出版、B4判、豪華保存版
定価¥11,550を9月中はご予約価格¥9,975で好評発売中♪
一度、聞聲堂書店さんで実際にご覧下さい。

私からの、聞聲堂さんの一押しは、レジでいつもにこやかに
迎えてくれる、本屋さんのおばさんです♪写真でお見せできないのが
残念ですが、とてもかわいいんですよ♪
見たい!という方は直接聞聲堂さんへ。

聞聲堂書店
電話 0276-72-0598 年中無休
営業時間 朝10時から夜7時半まで

下駄に使う木は、高級たんすでお馴染みの桐が基本。中でも有名なのが
岩手の南部桐、福島の会津桐。他の木も使うけれど、やはり桐のはき心地が
一番だとか。

下駄で真っ先に頭にうかぶのは、TVドラマの「柔道一直線」の鉄下駄!(古っ)
って方いませんか?そういう自分もリアルタイムで毎週観ていたんですけど♪
鉄下駄ではありませんが、スズキさんで何種類かの下駄を見せて
もらいました。

geta1.jpg
これはオーソドックスな男物の下駄。角が丸い下駄(写真右側)は関西、
四角い下駄(写真左側)は関東という説も。

niwageta.jpg
こちらは「庭下駄」というもの、料亭なんかの庭ではく下駄だそうです。
料亭に縁がないけど。。。行って履いてみたい!


足の裏のマッサージが流行っていますが、お医者さんに足の健康回復に
良いとすすめられて、下駄を買いに来るお客様もいるとか。
靴と違って、脱げないように、鼻緒を足の親指と人差し指の間で挟んだり、
全部の指で踏ん張ったりするのが、良いいらしいです。

土踏まずの浅い幼稚園のお子さんが、やはりお医者様にすすめられて、
学校以外は下駄をはき続けて、高校生の頃には良くなったってことも、
スズキさんのお客様で実際にあったそうです。

geta2.jpg
女物は、鼻緒もカラフルでカワイイものがたくさんありました♪

木の床を素足で歩くと、足の裏に当たる木の感触が気持ちいい。
いつでもどこでもその感じが味わえる、下駄って木の床を携帯してる
ようなものかな。
お家に帰ったら「ちょっとそこまで」は下駄っていうのも良いかもと思い
ました。靴を脱いで、足の指を広げると、開放感というかホッとします
もんね。

日本製の下駄のお値段はは¥4,000~¥10,000くらい。
詳しくはスズキ履物店さんまでお問い合わせ下さい。
電話0276-72-0515 水曜定休
営業時間 朝9時から夜7時まで

suzuki1-1.jpg
鈴木履物店さんの店の奥に、床の間を利用した
下駄のコーナーがあります。
以前は桐の木を伐採してきて、お店で下駄を作っていたそうで、
その時の道具も飾ってありました♪


uzukuri1.jpg
写真の中央にある筒のようなものが、
桐を磨く「うづくり」(カルカヤの根を束ねた物)
という道具。左の長い方がまだ使っていないもので、
右が磨いているうちに短くなったもの。こんな短くなちゃうんですね!


suzuki2.jpg
写真で、いつもおしゃれなご主人の鈴木さんがもっているのが、
瀬戸製のタマという道具です。
最後の仕上に磨きをかける道具だそうです。

          スズキさん下駄の話は その2につづく。。。

stamp_pan.jpg
 これが、ふんわり おいしい 手作り食パン~♪

館林スタンプ会では今、感謝セールとして
「ハートハートのパン屋さん」製 手作り食パンをプレゼントしています

くわしくは、こちらの「館林スタンプ会」のホームページをご覧ください♪
http://www.geocities.jp/kadosuzu3/stamp_sale_joho.htm
下記の本町一丁目商店街の加盟店には感謝セールのチラシも
ご用意してありますので、お寄り下さい

スズキ靴履物店
アルファ
せきぐちふとん店

wanko1.jpg
キャラクター犬初登場!(H6年)本一商店街紙袋

もしかして、当の本一商店街の人たちにも忘れられていたかもしれま
せんが(!)この犬の初登場は、平成6年に制作した本一の紙袋でした。
紙袋のA面いっぱいという、けっこう華やかなデビューでしたが、
その後は、ひっそりと地味に、商店街のチラシなどに使われ
ただけでした。今回、こうして表舞台に活躍の場所ができて
ほんとうによかったです。
でも実は、いまだに名前がありません。これを機にどうにかして
もらえないかと、本一商店街関係者にお願いしているところです。

紙袋の映像では分かりにくいと思いますが、
並んだ犬の中に、何匹か違うものが入っていて、
間違い探しのようになっています。
たまーーに、まだこの紙袋を使っている人を見かけますので、
もしチャンスがあれば、確認してみてくださいね♪

kuri2.jpg
日本一暑い館林の夏も終わりですね。今年の夏は、いつもより短かった気がします。
あまりの猛暑に早く終わってほしいって思うのに、いざ終わるとなると少しさびしいような。。。
でも!過ごしやすくて、美味しいものがいっぱいの季節がやってきますね。
そこで、今回は三桝屋さんから、秋といえばこれでしょ!ってお菓子をご紹介します。
栗を丸ごと一個中に入れて作ったマロンパイです。
栗をあんとパイ生地でくるんで焼き上げました。
1コ¥160、贈答用には9コ入り¥1,630、12コ入り¥2,130、18コ入り¥3,040
(全て税込みの価格です)もあります。全国に発送しま~す。よろしくね♪
三桝屋総本店  TEL0276-72-3333  年中無休 営業時間9:00~19:00
場所はMapからご確認下さい。

honnichi4.jpg
館林郵便局の近くにあるのが、私たちの本町一丁目商店街(本一商店街)です。
お客様に親切丁寧な対応を日々心がけています。
これからも、商店街のイベントやお買い得セール情報、新製品のご紹介など
たくさん発信していきますので、どうぞよろしく!
と、本一商店街のキャラクターのわんこも言ってます。
ネットだけでなく、郵便局に来たついででも、気軽にお店に寄っていただけたら
とても幸せです♪♪

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2006年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2006年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。