2007年3月アーカイブ

探してます、本一で桜の木

本町一丁目商店街でも桜の開花状況をブログに載せたいのですが。。。
桜の木はどこに?

どなたか本町一丁目商店街内で、桜の木のある場所を知っていたら、
そして写真を撮ってよければ、ぜひ連絡下さい!!
宜しくお願いします。

パン屋さんの営業曜日の変更

| コメント(2)

e776.jpg

大辻のハート・ハートのパン屋さんの営業日が火、水、金の週3日から、
4月6日(金)より、月曜から金曜までの週5日に変わります!
「今日はやってる日だっけ?」って考えずに買いに行けますね♪
営業時間は朝11時から夕方4時までと、いままでと一緒です。

その準備のため
3月29日(木)から4月5日(木)まで一週間、
店の営業をお休みさせていただきます。


ハート・ハートのパン屋さん
電話 0276-73-6060
営業時間 月曜日から金曜日 午前11時から午後4時まで
土、日、祭日休業 

人気♪東京西川おひるねふとんセット

東京西川のおひるねふとんセットは、
人気で品切れが続いていましたが、やっと入荷しました!
4月の新入園に間に合わないのでは、とハラハラ。
P1010038.jpg


P1010035k.jpg
P1010037t.jpg

毎年東京西川ではキティちゃん、トーマス柄を発売していますが、
今年のパッチワーク柄はとてもかわいい出来上がりです。
アップリケもついて、かわいさUPしてます!
人気のわけも分かる気がします♪
在庫はトーマス1セット、キティちゃん2セットです。
次の入荷は未定ですのでお早めに。

掛ふとん&カバー、敷ふとん&カバー、まくら&ピロケース、持ちはこびに便利なバッグの
おひるねふとん7点セット
定価税込¥10,500を税込¥9,450
くわしいセット内容はこちらで見られます。


せきぐちふとん店電話 0276-72-0314 水曜定休
営業時間 朝10時から夜7時まで

水道水飲みますか?

| コメント(1)

農水大臣の「なんとか還元水」や「1本5,000円の水」や「水道水を飲んでいる人はほとんどいない」
発言で、最近何かと「水」が注目の的ですね。
飲み水はペットボトルの水を買うという人でも、さすがに1本5,000円の水を飲んでいる人は少ないと
思いますけど!
他にも人気のモデルさんが美肌やダイエットに効果があるとたくさん水を飲むというようなことで
話題にもなります。そこでという訳ではありませんが、「水」に関する本をご紹介します。


「水問題の重要性に気づいていない日本人」橋本淳司著 
mizu.jpg

昭和30年代館林生まれの私にとって子どもの頃飲み水と言えば、当然のように水道水。
携帯したい時は、水筒に水道の水を入れて持ってゆく。
瓶入りの水もありましたが、大人がお酒を飲むお店に置いてあるって感覚。
自分も大人になった頃、ペリエとかエヴィアンとか名前からしてカッコいい♪飲み水をわざわざ
買って飲むってのがおしゃれな感じでした。ただで手に入る(本当はただではないのですが!)
水を「わざわざ」買って飲むという行為が、特別なものでした。
何時の間にか、飲料水はペットボトルの水を買うという人もそう珍しくもなくなりましたけど。
コンビニやスーパーで普通にたくさんの種類の水が売っていていますものね。
そのどれもをついミネラルウォーターと思い込んでいました。それに水道水よりペットボトルの水
の方が美味しい、体に良さそうという思い込み。

この本ではペットボトルの水が全てミネラルウォーターではないことや、水を商品として扱うことの
問題点、水の安全性、地下水の汚染、国境を越えて大気汚染が水に与える影響、
地球環境の悪化からくる水不足などという話から、子どもたちに水の大切さをどう伝えたら良いのか
の実際の授業、水道料金の地域差、そして誰でも安心して安く水を飲める方法まで、
「水」について興味深い話がたくさん。
内容はもり沢山ですが、文章はとても読みやすくて面白い本でした。

美味しい水を飲みたいと家庭用浄水器を付けながら、川や沼の環境を悪化させる生活排水を防ぐ
生活排水浄化器を付けたという話は聞かないなどという文章に、わが身を振り返ってギクッとしました。
著者が「こんなきれいな川があったのか」と驚いた川、その理由の一つがその場所が過疎化で人が
少なく、生活排水もすくないからということに気づき、
「人がいないと川がきれいになるという事実は、人として悲しくせつない。」と書かれた部分は特に
心に残りました。

便利に快適に暮らしたいという欲求も私の正直な気持ち。でもその私の存在が自然に影響
を与え、環境を悪化させている。私自身のエゴとエコをどうバランス取れば良いのかなぁ。

著者の橋本淳司著さんは館林出身の方だそうです。
「水問題の重要性に気づいていない日本人」はPHP研究所から 税込1,365円


聞聲堂書店
電話 0276-72-0598 年中無休
営業時間 朝10時から夜7時半まで

三桝屋で桜にうぐいす

| コメント(2)

いよいよ春本番です。
三桝屋では春色の和菓子をご用意しました。

「桜生ようかん」写真ではわかりにくいですが、
透明な桜色のようかんの中に、桜の花がとてもきれいです♪ 
sakura.jpg
税込600円


こちらは緑、うぐいす色の「うぐいすわらび餅」です。
warabi.jpg
税込450円

春を色と味で楽しめますね♪


三桝屋総本店  
TEL0276-72-3333 
年中無休 営業時間9:00~19:00

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2007年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年2月です。

次のアーカイブは2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。