クチボソの小魚煮

| コメント(0)

 西部商店街の川魚「まちだ」です。
今回は10月4日(土)から始めるクチボソの小魚煮の紹介です。

「当店では千葉県印旛沼産のクチボソを生きたまま仕入れ、煮付けます」
との事です。印旛沼は以前からコイやフナ、ウナギなど川魚の宝庫で、
加工業も盛んでしたが、水質の悪化などからその数は激減しています。
そんな中、クチボソの数だけはあまり減っていません。それだけ、印旛沼
のクチボソは環境適応力・繁殖力に強く食べても美味しいと全国的にも
広く知られています。

 カルシウム豊富でご飯のおかずにはもちろん、お酒の肴としても絶品です。
特に日本酒との相性がいいと知り合いの「のんべえ」が言ってました。
秋の長夜に、月を見ながら軽く一杯。片手にはもちろん「煮付け」。決まりです。

 *1パック525円よりあります。もちろん折詰もできます。
    是非、一度ご賞味してはいかがでしょうか。
    
   川魚「まちだ」   館林市西本町7-11
               TEL 72-1163   毎週火曜日定休日

  

コメントする

このブログ記事について

このページは、seibuが2008年9月29日 22:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ボーリング大会の成績」です。

次のブログ記事は「秋の新米そろいました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。