大晦日の元朝祭は青梅天満宮で

| コメント(1)

 tenmangu1.jpg

 谷越商店街沿い(本町2丁目)に1本の細い石畳の小道があり、
そこを歩いていくと青梅天満宮があります。
「天満宮」というと、菅原道真で知られる
太宰府天満宮(福岡県)が思い出されますが、
館林の青梅天満宮も菅原道真(学問の神・至誠の神)にゆかりのある神社です。

tenmangu2.jpg

 平安時代のはじめの頃である延喜元年(901年)1月25日に
菅原道真は藤原時平らの策謀によって大宰府に左遷させられました。
その時に庭先に咲き誇っていた梅を見て詠いました。

    東風吹かば にほいをこせよ 梅の花
           主なしとて 春を忘るな

 このときに楊枝の先に梅の実を刺して
それぞれ1個ずつ四方に投げたといわれています。

 まず最初に投げたのが、出雲国(島根県)にとんで
「花久里梅社」となって今も残っています。
次は讃岐国(香川県)へ飛び、五色の花が咲く「四季梅社」になり、
当方は上野国(群馬県)「館林青梅天神」にそれぞれなったと伝えられています。
今でも青梅天満宮の入り口左側に1つの石標があり、
大きく「日本四社梅天満宮」とあり、その裏には以下のことが刻まれており、
この伝説を物語っています。

              所謂四社者
             西 筑前国飛梅社
             南 讃岐国四季梅社
             北 出雲国花久里梅社
             東 当青梅社是也

tenmangu3.jpg


1月1日0:00(12月31日24:00)より、谷越青梅天満宮に於いて元朝祭が行われます。
学業祈願の方には、絵馬、お守りを。
破魔矢、絵馬、お守り、御札をお受けの方に年の初めの運だめし
現金つかみ取りや各商店街から豪華景品が当たる福引を実施します。
また、参拝の方には体の芯から温まる”甘酒”を無料サービスしています。
ご家族お揃いでお出かけ下さい。

                       谷越町 谷越商店連盟 駅通り振興組合

コメント(1)

昔むかしのことざった。

高校受験の初詣に、
谷越の天神様に行ったとさ。

するとミルミルうちに学力向上。
気がつけば、第一希望の高校に合格したとさ。

3年後、
今度は大学受験だったとさ。

忙しさのあまり
青梅天神に初詣に行くのを忘れたと。
すっと、見事に不合格。

さらに翌年、
浪人生活をへたにもかかわらず
青梅天神に行かなかったとさ。

な、なんと
またしても不合格。

初詣は青梅天神に行くもんだ。

めでたしめでたし。
(めでたくなし)

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

  • images
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、yagoeが2006年12月16日 16:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歳末イベントのお知らせ」です。

次のブログ記事は「新しい年の出発は延壽屠蘇散で」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。