新年を祝って屠蘇散を!!

| コメント(0)
一年早いもので、もう少し寝れば・・・
新たな年を、家族で、仲間で「屠蘇散」で祝ってみませんか?

竹森薬局では「屠蘇散」を200円(税込)で販売をいたします。

takemo_141220_01_toso.jpg

「屠蘇散」由来を、

年の初めにお酒を飲んで、うきうきとした正月の気分をあらわす言葉に、「おとそきぶん」という言葉があるように、日本には元旦の朝、家族一同がそろって屠蘇酒を飲む風習があります。1年間の長寿健康を祈願する慣わしです。数種類の生薬を調合した屠蘇散(屠蘇延命散)を、清酒やみりんに一晩漬け込むお祝いのお酒です。

 平安時代にさまざまな年中行事が誕生しました。その多くは、中国の古習に則ったもので、悪疫を防ぎ、病魔の退散を祈り、延命長寿、無病息災を祈る行事でした。屠蘇の風習も、中国で生まれた災難予防や疫病逃れの呪術儀式が、日本でも平安貴族の迷信深い思想によって広まり、やがて経済的なゆとりを持った江戸時代の庶民に育てられ、現代の年中行事として伝わっています。

 屠蘇とは「邪気を屠(ほふ)り、心身を蘇(よみがえ)らせる」ところから名付けられたと言います。「悪鬼・疫病を治し、邪気・毒気を払うとされて、一人でこれを飲めば一家に疫なく、一家でこれを飲めば一里に疫なし、元旦にこれを飲めば一年間病気にかからない」と信じられてきました。


竹森薬局

館林市本町2丁目11-1

℡0276-72-0202

営業時間 9:00~19:30

定休日 水曜日(年内は、休まず営業いたします。)


コメントする

カテゴリ

ウェブページ

  • images
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、yagoeが2014年12月20日 10:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SEIKO×GIUGIARO DESIGN 限定モデル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。